代表取締役社長 小笠原 睦

代表取締役社長
小笠原 睦

社会を支え
常に前進を続ける企業でありたい

当社は、母体である日本工営グループにおいては電力・土木分野の監視制御システムの開発・保守、官公庁における種々の業務システムの開発・保守を実施する一方で、一般市場における通信ネットワーク管理などのインフラシステム、人事・給与や物流拠点などの業務管理ソフトウェア、そして現代社会では必要不可欠となっている組込システムのソフトウェア開発まで、コンピューターシステムの開発・保守で幅広く社会に関わっています。

年々スピードを増すデジタル化に加え、多様化するエネルギー環境や、近年の自然災害やパンデミックなど地球環境の変化により、人々の暮らしを守り支えるコンピューターシステムの重要性は急速に増しています。
こうした新しい環境や時代に向け、我々の役割は今後さらに重要になり、大きな意味を持ってくることと実感しています。
我々の仕事は社会の表舞台を飛び回るような華々しいものではありません。しかし人々の生活を縁の下から支える、なくてはならないものばかりです。

今後は創業以来35年の実績と経験に加え、システムの設計段階から関わる、いわばシステムの上流から下流までを支えることで、社会の土台を築き続けたいと考えています。

経営理念でもある「コンピュータを通して社会生活に貢献する」
この実現こそが、社会におけるコーエイシステムの存在意義であると信じ、今後も社員⼀同、社会の縁の下で「誠意を持って誠実に」業務に邁進いたします。

引き続き、当社に対するご支援とご理解をお願い申し上げます。

Copyright©2022 Koei System Inc. all rights reserved.